読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SendGridのSMTP API

SMTP

メモ。
Getting Started - SendGrid Documentation | SendGrid

var email = require("mailer");

email.send({
    host : ...,
    port : ...,
    to : "to@example.com",
    from : "from@example.com",
    subject : "タイトル",
    body: "Hi, <name>"
    authentication : "login",
    username : ...,
    password : ...,
    headers: {
        'X-SMTPAPI': JSON.stringify({
            to: [
                'to-1@example.com',
                'to-2@example.com'
            ],
            sub: {
                '<name>': [
                    'to-1',
                    'to-2'
                ]
            }
        })
    }
  },
  function(err, result){
    if(err){
      console.log(err);
    }
});

とかすると、X-SMTPAPIヘッダに指定したToのアドレスに飛ぶ。それぞれのアドレスに他のToのアドレスは表示されない(当然ソースにも入ってない)のでメルマガ配信みたいな使い方も可能。

このときtoで指定した(この場合to@example.com)にはメールは飛ばないけどReceivedヘッダにここのアドレスが含まれてた。

subに変数みたいのを指定可能で、この場合bodyののところがそれぞれto-1、to-2に置き換わる。

広告を非表示にする